株式会社コンステック

コンクリート建築物の劣化調査・診断から補修・改修をはじめ、補強設計・施工までを専門技術と実績でお応えする企業です。

スクラップアンドビルドの時代は終わりました。

JFEピン接合鋼管ブレース耐震補強工法

JFEピン接合鋼管ブレース耐震補強工法メイン画像

-KTブレース・二重鋼管ブレースによる耐震・制震補強工法-

 両端にピン接合を有する鋼管ブレースを鉄骨枠に組み込んだブレース架構を、鉄筋コンクリート造および鉄骨鉄筋コンクリート造の既存骨組の内側または外側に接合し、強度と靭性を向上させた耐震補強架構あるいは制振効果を期待した耐震補強架構を構築する工法です。

特長

特長画像1   特長画像2

【KTブレース】
・枠付鉄骨ブレースの斜材として、ピン接合形円形鋼管を使用します。
・従来の形鋼ブレースに比べて、スマートな納まりです。

 

【二重鋼管座屈補剛ブレース】
・接合方式は「ピン接合」と「高力ボルト接合」の2タイプあります。
・軸力管に低降伏点鋼を用いることで、地震エネルギーを吸収し、建物の揺れを最小限に抑える制振ダンパーとして働きます。
・軸力管に普通鋼を用いた二重鋼管ブレースは、BAランクの筋かいとして働きます。

性能証明等

JFEシビル(株)にて、(財)日本建築総合試験所より建築技術性能証明(第08-05号)を取得しております。

ページトップへ

(C) Constec Engi,Co.