調査・診断・設計

建物を壊さないために

劣化現象の分類

鉄筋コンクリート造建築物・構造物の劣化原因、一つとは限りません

5_%e5%8a%a3%e5%8c%96%e7%8f%be%e8%b1%a1%e3%81%ae%e5%88%86%e9%a1%9e_%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%971
5_%e5%8a%a3%e5%8c%96%e7%8f%be%e8%b1%a1%e3%81%ae%e5%88%86%e9%a1%9e_%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%972
5_%e5%8a%a3%e5%8c%96%e7%8f%be%e8%b1%a1%e3%81%ae%e5%88%86%e9%a1%9e_%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%973
5_%e5%8a%a3%e5%8c%96%e7%8f%be%e8%b1%a1%e3%81%ae%e5%88%86%e9%a1%9e_%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%974
5_%e5%8a%a3%e5%8c%96%e7%8f%be%e8%b1%a1%e3%81%ae%e5%88%86%e9%a1%9e_%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%975

例えば「ひび割れ」。ひび割れの原因には、乾燥収縮、温度変化、地震、鉄筋の腐食など様々な要因が考えられます。技術者は、建築物・構造物の種類や部位・部材、使用材料、または建設地域・年代などからその要因を絞り、様々な検査方法を用いて原因を推定します。

また、各種劣化現象は相互に関係しており、複合的な劣化を引き起こすこともあるのです。
このため、劣化現象とメカニズムについて幅広い知識が必要とされます。

鉄筋コンクリート造建築物の8大劣化現象とその要因

0001

その他、構造物の種類や建設地域・年代等により特殊な劣化現象が存在します。
これらの劣化現象は相互に関係しており、複合的な劣化現象となります。また、お互いの劣化現象を促進し、将来的に構造性能を低下させるものもあります。