調査・診断・設計

コンクリート物性試験

中性化深さ試験

二酸化炭素などコンクリートの炭酸化の程度を確認します

8_%e4%b8%ad%e6%80%a7%e5%8c%96%e6%b7%b1%e3%81%95%e8%a9%a6%e9%a8%93top

コンクリート中性化深さ試験は、コア法、はつり法にて行うのが一般的です。試験方法は共にJIS A 1152「コンクリートの中性化深さの測定方法」に準拠して実施いたします。
コア法においては、試験所にて割裂面にフェノールフタレイン1%エチルアルコール溶液を噴霧し、赤紫色に程色した位置から中性化深さを測定します。はつりによる測定においては、原位置にて仕上材及びかぶりコンクリートをはつり取り、同様にフェノールフタレイン1%エチルアルコール溶液をはつり部に噴霧し、中性化深さを測定します。

 

  • 炭酸化程度の確認
  • 鉄筋腐食環境であるか