調査・診断・設計

定期調査

特殊建築物定期調査

12条点検とは、建築物の健康診断です

38_%e7%89%b9%e6%ae%8a%e5%bb%ba%e7%af%89%e7%89%a9%e5%ae%9a%e6%9c%9f%e8%aa%bf%e6%9f%bb_%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97

平成17年に改正された建築基準法第12条では、一定の用途・規模を満たす公共建築物の「建築物」「建築設備」「昇降機等」「防火設備」について、経年劣化などの状況を定期的に点検(12条点検)することが義務付けられました。
ここでは「建築物」を対象とします。平成20年の改正により外壁全面診断が義務化され、「外壁調査範囲に、足場等設置してテストハンマーで全面打診する方法」と「赤外線調査」が調査方法として挙げられました。
「赤外線調査」は、適切な条件で適用すれば「打診調査」よりも効率的で比較的安価に行うことができます。一方で、「打診調査」は「赤外線調査」よりも高精度に浮きの判断が可能です。

お客様の建築物にとってどちらの調査方法が良いのか、まずはご相談ください。