補修改修

補修改修の流れ

調査補修手順

建物の調査診断から設計、補修・改修工事まで一貫して行います

建物に発生したひび割れや仕上材の浮き、鉄筋腐食などの劣化は、建物の美観を損なうだけでなく、そのまま放置すると建物の寿命を縮める大きな原因となります。建物をより長く、より快適に活用するためには、このような劣化を適切に補修し、定期的な点検を続けることが重要です。
コンステックは、建物の調査診断から設計、補修・改修工事まで一貫して行ってきた実績があります。建物について気になる点があれば、まずはお気軽にご相談ください。

特徴

1.建物調査

93_%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e8%a3%9c%e4%bf%ae%e6%89%8b%e9%a0%86_1%e5%bb%ba%e7%89%a9%e8%aa%bf%e6%9f%bb

補修・改修工事を行うためには、まずは建物がどのような状況にあるかを調査する必要があります。生じる劣化は建物種類や周辺環境、使用方法によって千差万別です。その建物に生じている劣化がどの程度のものなのか、どのような原因で発生したのか、今後どのように進行していくかを専門家の視点で詳細に調査致します。
具体的な調査方法については、「劣化損傷調査」のページをご参照ください。

 

2.補修・改修設計

93_%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e8%a3%9c%e4%bf%ae%e6%89%8b%e9%a0%86_2%e8%a3%9c%e4%bf%ae%e3%83%bb%e6%94%b9%e4%bf%ae%e8%a8%ad%e8%a8%88

現在の補修材料・工法の用途・性能は多種多様です。最適な補修工法を選定するには、専門の技術者による正しい診断と、建築物の補修目標レベル(どこまで直すか)の設定を明確にすることが重要です。この目標レベルの設定には、建築物の期待余寿命やライフサイクルコストの考慮、補修後の維持保全方法・頻度などを勘案します。設定した補修目標レベルと建物調査の結果を基に、必要かつ最適な補修方法を検討し、工事計画書及び見積書を作成致します。代表的な補修方法については、「下地補修工法」のページをご参照ください。

 

3.補修・改修工事

93_%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e8%a3%9c%e4%bf%ae%e6%89%8b%e9%a0%86_3%e8%a3%9c%e4%bf%ae%e3%83%bb%e6%94%b9%e4%bf%ae%e5%b7%a5%e4%ba%8b

補修設計を基に、補修・改修工事を実施致します。適切な補修方法が選定されていたとしても、誤った工事をしたり、手を抜いたりすると補修の意味がありません。コンステックは確かな施工をモットーに、丁寧な工事を徹底しております。
また、コンステックでは、一般的なひび割れ補修や浮き補修に加えて、外壁仕上材の剥落を防止するピンネット工法や、外壁・屋上の防水改修、土木構造物の補強など様々な分野において補修・改修工事を行っております。