調査・診断・設計

設計

耐震補強設計

安全で安心な建物にするために

%e8%80%90%e9%9c%87%e8%a3%9c%e5%bc%b7

阪神淡路大震災によりコンクリート建築物の耐震性が問題となりました。旧建築基準法(1981年以前)で建てられた建築物は「耐震診断」を行い、耐震性を確認する必要があります。特に、老朽化した建物やピロティのある建物、壁の配置など偏ってるものなどは、耐震性が低いことが実証されています。当社は、耐震診断から耐震補強設計・施工まで専門技術者集団を擁してお応えしています。

  • 耐震診断の為の現地調査を行います
  • 経験豊富な構造設計専門のスタッフが既存建築物の耐震診断を行います
  • 建物の用途や意匠性を考慮しながら、耐震性能を満足する補強案をご提案いたします
  • 第三者判定委員会受験の対応も可能です
  • お客様の建物の使用状況に応じた補強計画をご提案いたします