耐震補強

外付け工法

デザインUフレーム工法

外付けRCフレームによる耐震補強工法

65_%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%ef%bd%95%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a0_%e8%aa%ac%e6%98%8e01
65_%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%ef%bd%95%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a0_%e8%aa%ac%e6%98%8e02

デザインUフレーム工法は、既存の鉄筋コンクリート造および鉄骨鉄筋コンクリート造架構の外側に鉄筋コンクリート造の補強フレームを接合する耐震補強工法です。
外付け型で、ブレース(筋交い)を用いないフレーム(柱・梁)による補強のため、建物を使用しながらの工事(居ながら工事)を必要とし、バルコニーへの出入り、窓からの採光および外観デザインを大切にするマンション、ホテル、商業施設、病院および事務所ビル等に最適です。
補強タイプには「増設フレーム補強型」と「新設フレーム補強型」の2つのタイプがあり、既存建物の形状にあわせて補強タイプの選択が可能です。

特徴

外観デザイン

ノンブレース型で建物外観に調和する耐震補強工法

スレンダーな補強部材

柱梁接合部に高強度ポリマーセメントモルタル「クロスハード」を用いたスレンダーな補強部材

居ながら補強

外付け型で建物を利用しながらの工事が可能

ローコスト

普通コンクリートと高強度ポリマーセメントモルタルとのハイブリッドでコストを低減

フレキシブル

自由な補強部材断面で様々な建物にフィットする高い設計対応力

施工事例

  • 65_%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%ef%bd%95%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a0_%e6%96%bd%e5%b7%a5%e4%ba%8b%e4%be%8b
  • 65_%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%ef%bd%95%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a0_%e9%85%8d%e7%bd%ae%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8