土木・インフラ

土木構造物補強

イージーインジェクション工法

無機系材料を用いたあと施工アンカー型せん断補強工法

117_%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e5%b7%a5%e6%b3%95

本工法は無機系材料を用いたあと施工アンカー型のせん断補強工法です。一方向から施工できるのでトンネルや地下貯水槽など背面土があり片側からしか施工できない場合でも補強が可能です。従来から行われていた増厚補強と違い曲げ耐力を増加させません。また、一方向から削孔し特殊な無機系材料を注入した後、鉄筋を挿入して定着させるだけですので、断面形状を大きく変える心配がありません。よって、必要な空間はこれまで通り使用できます。

 

  • 従来技術に比べて削孔径を小さくでき、躯体の損傷を最小限に抑えます。
  • 使用する材料は無機系のため不燃でコンクリートと同等の耐熱性を有します。
  • 注入材はパッケージ化されており品質管理が容易です。
  • JWWAの溶出試験に合格しており、水中環境への適用も可能です。

特徴

施工の容易性と迅速性

既存構造物への削孔は通常のコアドリル等を使用するため、特殊な機器は必要ありません。
注入材は水中でも使用できる材料です。湿潤面でも施工ができ十分な性能を発揮します。

高い耐久性と信頼性

無機系材料のため、熱や水に強く耐久性も優れています。
実施した各種実験の成果を評価いただくため、第三者機関による審査を依頼中です。

環境にやさしい

火器や特殊な重機等を使用しないため、騒音や振動の発生を抑制できます。
JWWAの溶出試験に合格しており、水中環境への適用も可能です。
VOCガスによる臭いの発生がありません。