土木・インフラ

土木構造物補強

CFRP波形定着工法

袖壁付き柱およびスラブ付き梁の耐震補強工法です

118_cfrp%e6%b3%a2%e5%9e%8b

CFRP波形プレートとロッド状に成形したCFRPロッドとを、エポキシ樹脂系接着剤(定着体接着用樹脂)にて一体化し炭素繊維シートを定着させる工法です。この定着方法により、袖壁にスリットを設けることなく、疑似閉鎖型に炭素繊維シートを巻き付けることができ、独立柱と同じように補強することができます。

 

  • 袖壁付き柱、スラブ付き梁の補強が可能です。
  • 定着部分を工場製品化しているため、安定した施工品質が得られます。
  • 火器や重機を使用しないため、建物を使用しながら工事ができます。

特徴

軽量で高い補強効果

鋼材を使用した補強に比べて軽量で構造物の重量増はほとんどない
閉鎖型に巻き付けた場合と同等の補強効果を発揮

容易な施工

袖壁付き柱やスラブ付き梁の補強にもはつり作業が不要
ハンマードリルを使用しないため、従来工法に比べて低騒音・低振動・低粉じん
現場での含浸作業が軽減され、施工品質が安定

高い耐久性と信頼性

定着部に鋼材を使用しないため、メンテナンスフリー
公的機関による性能証明を取得