補修改修

外壁防水補修改修工法

コンスネット工法

廃棄物量が少なく環境に優しいピンネット工法です

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e5%b7%a5%e6%b3%95

本技術は、既存建築物の仕上げ材(タイル、モルタル等)の上に、ポリマーセメントモルタル、専用ネット、ステンレスアンカーピンからなる剥落防止層を構築し、剥落防止性能を発揮するピンネット工法です。
ポリマーセメントモルタルが一材形(プレミックス)のため、材料の品質を高く保つことができ、かつ廃棄物量の削減が可能です。

 

  • ピンネット工法として、既存仕上材の剥落を防止します。
  • 一材形の材料を使用しているため、材料品質を高く保つことが可能。
  • 既存仕上材を撤去せず、かつ一材形の材料であるため、廃棄物量を削減出来ます。

特徴

  • %e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e7%89%b9%e5%be%b4

産業廃棄物の低減や省エネルギーに貢献

主材はポリマーセメントモルタルで、再乳化形粉末樹脂を使用した一材形の材料で、現場における廃材・廃缶の発生をなくします。さらに、既存仕上げの上に施工可能のため、タイルやモルタル等の廃材はほとんど生じません。

  • %e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e7%89%b9%e5%be%b42

技術審査証明を取得しました

コンスネット工法は、(財)日本建築センターによる技術審査証明で、建築物の外壁剥落防止性能が証明されました。「BCJ-審査証明-82」

ピンネット工法とは

外壁複合改修構工法(ピンネット工法)

ピンネット工法は既存仕上の剥落を防止する工法として主材、アンカーピン、ネット等で構成される外壁改修工法です。

設計要領

■適用範囲

・鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリートの建築物に適応。
・建物高さは最大45mまで適応。
・コンクリート躯体の圧縮強度が13.5N/mm2以上であること。

施工事例

  • 104_%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e5%b7%a5%e6%b3%95-%e6%96%bd%e8%a1%8c%e5%89%8d
    【T団地 施工前】 
  • 104_%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e5%b7%a5%e6%b3%95-%e6%96%bd%e8%a1%8c%e5%be%8c
    【施行後】