耐震補強

連続繊維巻き工法

SR-CF工法

炭素繊維シートとCFアンカーによる、既存建築物の耐震補強工法

sr-cf%e5%b7%a5%e6%b3%95

本工法は、既存鉄筋コンクリート造建築物および既存鉄骨鉄筋コンクリート造建築物の柱、梁および耐力壁に炭素繊維シートを巻き付け、エポキシ樹脂を浸透させてCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を形成させることにより、部材のせん断強度を高める工法です。
特に袖壁付き柱の補強では、炭素繊維ストランドを束ねたCFアンカーを炭素繊維シートと接続することで、袖壁にスリットを設けることなく従来のCFRPを全面に閉鎖型に巻き付ける工法とほぼ同等の補強効果が得られます。また、埋込型のCFアンカーも併せて用いることにより、壁・梁にも応用され、耐震部材すべてを炭素繊維で補強することができる唯一の工法です。

特徴

居ながら短工期施工

・資材が軽量で大がかりな機材が不要です。
・火気や溶接が不要です。
・騒音・振動が少ない工法です。
・鋼板補強やコンクリート巻き立てなどの工法に比べて短工期で施工できます。

大きな補強効果と高い信頼性

・建物の耐震性能(耐力、変形性能)を向上させることができ、その評価方法が確立されています。
・耐火性能の評価方法が確立されています。

広範な適用対象

・補強対象となる建物は、建築年代や用途により鉄筋の種別(丸鋼、異形鉄筋)や構造形式(RC造、SRC造)など、さまざまです。
SR-CF工法では、各種構造に対応した補強設計法が確立されています。

容易な施工

・CFアンカーを用いるため、従来施工が難しかった、壁付き柱や梁、壁の補強にもはつり作業がなく、また、アングルやあと施工アンカーなども必要とせず、すべて炭素繊維で補強可能なため、施工が容易です。
特に窓枠サッシが付いている柱補強の場合に、従来工法で必要となる窓枠サッシの取り換えが不要です。

補足事項

CFアンカーの特徴

CFアンカーとは、炭素繊維ストランドを束ねたもので、この束ねた炭素繊維ストランドの端部を扇状に広げて炭素繊維シートに接着します。
柱に壁が取り付いている場合に、柱に巻き付けた炭素繊維シートが壁によって分断されますが、壁に小さな孔をあけてCFアンカーを挿入し、分断された炭素繊維シートを繋ぐことにより、閉鎖型の補強層を形成します。

CFアンカーは工場製品と現場製作があります。

実施会社

本工法の設計、施工、材料の製造は、指針に記載された会社の業務範囲に基づき、責任施工または施工指導により実施します。
弊社は「SR-CF工法研究会」の理事会員で、設計および施工を行っております。

第三者による性能証明等

・建防災発第12118号
・2004年 日本建築学会賞(技術)受賞
・平成14年度 日本材料学会技術賞受賞
・平成13年度 国土交通省国土技術開発賞入賞
・国土交通省 新技術情報システム(NETIS:登録番号KT-010053-Ⅴ)

設計要領

品質規格と設計強度

74_sr-cf%e5%b7%a5%e6%b3%95_%e5%93%81%e8%b3%aa%e8%a6%8f%e6%a0%bc_1221

施工事例

  • srcf-jirei-column
    柱補強(サッシ取り替えなし)
  • srcf-jirei-wall
    壁補強