補修改修

外壁防水補修改修工法

リフリート工法

%e3%83%aa%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%88%e5%b7%a5%e6%b3%95

リフリート工法は鉄筋コンクリート構造物の劣化防止、耐久性向上を目的とした躯体改修工法です。中性化、塩害、アルカリ骨材反応などの劣化原因別に改修仕様を組みあわせ、化学的及び物理的の両面から躯体改修を図ります。

特徴

%e5%90%84%e7%a8%ae%e8%ba%af%e4%bd%93%e6%94%b9%e4%bf%ae%e4%bb%95%e6%a7%98

各種躯体改修仕様

一般仕様:中性化劣化、経年劣化補修
DS仕様 :塩害補修、予防保全補修
AK仕様 :塩害補修、アルカリ骨材反応補修
————————————–
これらの仕様にはポリマーセメントモルタルを使用しており、強度、熱膨張率、弾性係数などの物性はコンクリートに類似し、耐久性に優れています。

%e3%82%a8%e3%82%b3%e3%83%bc%e6%9d%90%e6%96%99%e3%82%92%e4%bd%bf%e7%94%a8

エコー材料を使用

日本建築仕上げ材工業会(NSK)の自主認定として、ホルムアルデヒト放散等級「F☆☆☆☆」の評価をいただきました。建物の外部だけではなく、内部の居室にも制限なく使用可能なエコー材料です。