補修改修

外壁防水補修改修工法

断熱塗装(蘇生工法)

スプレーカバー工法による屋根の防水、断熱、補強対策です

本工法は、老朽化した工場などのスレート屋根や鋼製屋根に対して、ポリウレタン系の特殊樹脂を吹付けて、同時に防水・断熱・補強を行うスプレーカバー工法です。
屋根の上から施工を行うため、工場等の操業を停止する必要がなく、使用する樹脂は吹付け後に瞬間硬化するため、短工期で大面積の施工が可能です。

特徴

防水性

フックボルトやスレート目地等を充填したのちに、完全シームレス防水を行い漏水を防ぎます。

断熱性の向上

特殊ポリウレタンフォームを吹付けるため、断熱性能が向上します。
温熱シミュレーションを実施し、冷暖房費のコスト削減効果等を試算することができます。

補強性

施工時に瞬間硬化をするため作業中の踏抜きを防止するほか、耐衝撃性・圧縮強度・耐飛火性が向上します。