土木・インフラ

農業用水路ライニング材

ASフォーム工法

123_as%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e5%b7%a5%e6%b3%95_%e8%a3%bd%e5%93%81%e5%90%8d

ASフォームは、レジンコンクリートをプレス成形した高耐久性を有する埋設型パネル材で、防食被覆工法として使われています。レジンコンクリートは、セメントや水を一切使わない熱硬化性樹脂〈レジン〉を結合材とし、骨材および充填材を強固に硬化させたコンクリートです。ASフォームは、主に高耐久性の必要がある水路、橋梁下部、下水処理施設などに使用され、改修期間が短い場合でも対応している補修工法です。 

特徴

  • 123_as%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e5%b7%a5%e6%b3%95_%e7%89%b9%e5%be%b401

耐摩耗性

普通コンクリートと比べ約10倍の耐摩耗性を有しています。

遮塩性

遮塩性が高く海岸周辺地域などでのコンクリート構造物を保護します。

耐凍結融解抵抗性

レジンコンクリートは水分透過に対する抵抗が高いため、耐凍結融解抵抗性に優れています。

耐酸性、耐アルカリ性

下水処理施設等の環境下においてもコンクリート構造物を保護します。

  • 123_as%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0%e5%b7%a5%e6%b3%95_%e7%89%b9%e5%be%b402

ASフォーム

普通コンクリートに対して20倍、高強度コンクリートに比べても10倍以上の高い耐磨耗性を有しています。