土木・インフラ

高弾性ライニング材

スワエール工法

121_%e3%82%b9%e3%83%af%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%b7%a5%e6%b3%95_%e8%a3%bd%e5%93%81%e5%90%8d

 

スワエール工法は、ポリウレア樹脂をベースした瞬間硬化コーティング材を採用しているコンクリート構造物等の防食・防水および保護工法です。配水池、浄水池、下水道関連施設、工場廃液処理設備、受水槽などに使われています。 

特徴

  • 121_%e3%82%b9%e3%83%af%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%b7%a5%e6%b3%95_%e7%89%b9%e5%be%b401

瞬間硬化(湿度・温度に影響されない)

水平面においては、スプレー後30秒ほどで歩行が可能になるため、養生期間が短縮できます。
また、温度・湿度に影響されにくいため、施工不良が発生しにくい材料です。

強度と伸び性能を有します

衝撃強度や耐摩耗性に優れており、伸びは最大320%とコンクリートひび割れに追従できる性能を有しています。

耐薬品性、耐候性に優れます

特に下水用システムにおいては各種耐薬品性に優れており、耐候性についても暴露試験にて性能が実証されています。

環境ホルモン物質、有機溶剤を含みません

上水用システムにおいては、環境ホルモン物質、有機溶剤を含んでいないため水質汚染の心配がありません。
また、厚生省告示第15号及びJWWA K 143に適合しております。

施工状況

121_%e3%82%b9%e3%83%af%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%b7%a5%e6%b3%95_%e7%89%b9%e5%be%b402

1.下地のケレン、斫り

2.下地修復

3.素地調整およびプライマー塗布

4.主材スプレー