耐震補強

耐震壁増設工法

安震ブロック(RM耐震補強工法)

rm%e8%80%90%e9%9c%87%e8%a3%9c%e5%bc%b7%e5%b7%a5%e6%b3%95%ef%bc%88%e5%ae%89%e9%9c%87%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e5%b7%a5%e6%b3%95%ef%bc%89

 

安震ブロック(RM耐震補強工法)は、 RMユニットを組積して増設耐震壁を構築する補強工法です。
接合方法は、あと施工アンカーを用いるアンカー工法と、異形筋付鋼製プレートを接着する接着工法があります。
増設壁本体は中空のRMユニット、鉄筋、空洞部に充填されるモルタルで構成され、増設壁の上部と既存梁との空間には無収縮モルタルが充填されます。