耐震補強

耐震壁増設工法

3Q-Wall工法

3q-wall%e5%b7%a5%e6%b3%95

本工法は、プレキャストブロック(3Qブロック)を組積し、増設耐震壁を構築する耐震補強工法です。
ガイドスチールと称する鋼製枠を既存周辺骨組の内側各辺にエポキシ樹脂を用いて接合するか、またはそれに加えてあと施工アンカーを打設して両者を接合し、ガイドスチールに沿ってブロックを組積しグラウト材を充填して耐震壁を構築します。

特徴

低振動・低騒音かつ短工期、高品質を目的として開発されました

※ 3Q = Quiet,Quick,Hi-Quality の意

FRPブロック耐震壁

frp%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e8%80%90%e9%9c%87%e5%a3%81

軽量なFRPブロックを組積し、耐震壁を構築します。ブロック内部が非充実であるため、採光・通風が可能で、意匠性に優れております。
ブロックは、ガラス繊維強化プラスチック(GFRP)です。

性能証明等

大林組にて、(一財)日本建築総合試験所の性能証明(性能証明 第02-06号 改5)を取得しております。また、2009年7月に低強度コンクリート既存骨組の補強への適用性、モルタル仕上げを残した増厚壁等について追加取得しております。