耐震補強

間接接合部工法

鋼管定着工法(鋼管コッター工法)

%e9%8b%bc%e7%ae%a1%e5%ae%9a%e7%9d%80%e5%b7%a5%e6%b3%95%ef%bc%88%e9%8b%bc%e7%ae%a1%e3%82%b3%e3%83%83%e3%82%bf%e3%83%bc%e5%b7%a5%e6%b3%95%ef%bc%89

鋼管定着工法(鋼管コッター工法)は、一般的に耐震壁もしくは鉄骨ブレース補強に用いられるあと施工アンカーに替えて鋼管コッターを使用する耐震接合部工法です。
鋼管定着工法の施工手順は、まず既存躯体に円周状に深さ約30mmの溝を施工し、接着用樹脂を溝に注入します。その後、鋼管を挿入し、既存躯体側に固定することで、既存躯体から補強部材へのせん断伝達材(シアキー)として機能します。

特徴

低騒音、低振動、無粉塵工法

仕上げモルタルの撤去不要(条件有り)

既存躯体への影響が小さい(鋼管コッターが既存鉄筋及び鉄骨のかぶり厚さ内に定着されるため)

かぶり寸法の少ないSRC造建物に有利

取付け用溝の削溝深さが小さい(約30㎜)ため、作業時間の短縮により施工効率が向上

学校・病院・ホテル・精密工場など、静かな環境で建物を使いながらの工事に最適

第三者による性能証明等

・戸田建設(株)が、鋼管コッター(TO-STC)工法として、GBRC性能証明第03-04号を取得しております。