耐震補強

その他工法

ダブジョイント(鋼構造用継手工法)

スマートな枠材接合部

dovejoint-main

鉄骨ブレースや制震ブレースの枠材の接合部に、凸型と凹型の鋳鋼部品(ダブジョイント)を用い、それらを嵌合して高力ボルトで締め付ける接合方法です。
従来のボルト接合では、ボルトやナットの突出物による怪我の誘発や外観上の問題がありましたが、本ダブジョイント工法はフラットな接合部を形成し、従来のボルト接合の欠点を解決した意匠性・安全性・施工性に優れる新しい鉄骨枠の接合方法です。

特徴

意匠性に優れる

従来のボルトジョイントに比べて、ボルトやナットが枠外に出ないすっきりした納まりが得られます。

安全性に優れる

突出部による怪我を防止できます。

施工性に優れる

接合部の作業内容を簡素にし、工期の短縮を実現させます。

ダブジョイントの端部形状と接合部の比較

ダブジョイントの端部形状

dovejoint-totsubu       dovejoint-oubu

     凸部                  凹部

 

接合部の比較

dovejoint-rei-dove       dovejoint-rei-juurai

   ダブジョイント              従来のボルトジョイント

第三者による性能証明等

(株)川金テクノソリューションにて、(一財)ベターリビングの一般評定(CBL SS001-07)を取得しております。

設計要領

89_%e3%83%80%e3%83%96%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88_%e8%a2%ab%e6%8e%a5%e5%90%88%e9%83%a8%e6%9d%90%e3%81%ae%e7%a8%ae%e9%a1%9ejpg

施工事例

  • dovejoint-rei-advance
    アドバンス制震システムにダブジョイントを適用した事例