耐震補強

制震工法

J-TREE工法

鋼製柱による外付け耐震・制振補強工法

本工法は、既存建物の外側の柱梁接合部および梁に間接接合部を設ける外付け間柱型補強工法です。
間柱の種類により、既存柱の強度と靭性を向上させた耐震補強架構、制振効果を期待した制震補強架構となります。

 

  • ブレースを用いない外付け補強工法
  • 短工期・低コスト
  • 建物外側の凹凸の小さい建物に適している