補修改修

リニューアル工事

マンション・ビル大規模修繕工事

資産価値の維持・向上に貢献いたします

%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3
%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3-2

コンクリート建築物は100年以上耐用できます。そのためには適切なメンテナンスが必要です。コンステックでは、「正しい診断たしかな施工」をモットーに最新の診断技術や機器を使用し、認定された専門技術者によって調査・診断・設計・施工の一貫体制での施工が可能です。大規模修繕工事は、居ながら工事、使いながら工事として実施するケースが多い為、工事品質は当然のことながら、工事期間中のきめ細やかな配慮し満足いただける工事をご提供いたします。また、耐震補強工事などの、建物性能を向上させる工事についてもご対応できます。

  • コンクリート構造物の劣化補修・補強の工事実績が豊富です。
  • 居ながら、使いながら工事の経験豊富な現場代理人が、工事期間中ご対応いたします。
  • 建物の使用状況に応じた施工計画のご提案が可能です。
  • 工事期間中の居住者様、テナント様、近隣への工事広報も万全です。
  • アフターメンテナンスにより、施工後の建物の維持管理も安心です。

特徴

共通仮設工事

現場事務所の設置、工事連絡掲示板の設置、各箇所汚損破損防止のための養生など、工事着工の準備を行います。

直接仮設工事

建物外周に作業用足場を設置します。事前に仮設計画を作成し搬入経路の検討や落下防止対策など、作業員はもとより、居住者様、第三者の方々への安全確保を確実に行います。

下地補修工事

足場設置後、外壁部の劣化調査を行い劣化箇所の実数の把握を行います。箇所ごとの劣化状況に合わせて下地補修を行います。

シーリング工事

建具回りや伸縮目地、手摺根元など水の浸入を防ぐ必要がある箇所にシーリングが施されています。劣化したシーリング材の打ち替えを行います。

外壁工事

劣化した塗装材の塗り替えにより、美観と躯体の保護機能を改善します。事前にカラーシュミレーションで仕上がりをイメージし、居住者様にご提案し、カラーリングをお選びいただくことも可能です。施工においては、施工条件の管理と膜厚管理を重点的に行います。

鉄部工事

扉や鉄骨階段などの鋼製部材に塗装を行い、錆の発生を防止します。部材の穴あきや減肉を防ぎ維持保全を行います。

屋上防水工事

建物で最も過酷な状況で劣化進行が顕著な屋上防水は工法も多く、各建物の形状によって収まりも様々となっています。調査設計段階で入念な調査を行い、各マンションの状況に応じた防水工法で改修を行う事が大切です。既存下地が改修後の防水層に与える影響が大きいため、施工中の品質管理も重要となってきます。施工後長期にわたり雨漏れが起きないよう品質の確保に努めます。

共用廊下・バルコニー防水工事

ウレタン塗膜防水や長尺塩ビシートを用いて、共用廊下やバルコニーの防水工事を行います。
また、階段には階段専用の塩ビシートなどもあり、防滑や質感の向上によりグレードアップが可能です。

補足事項

アフターメンテナンス

工事完了後、アフターメンテナンス契約に基づいて定期的に点検とメンテナンスを行います。保証期間内の不具合については、状況をお客様にご報告し、速やかに補修を行います。施工後もアフターメンテナンスを通して末永く皆様とマンションの維持保全に努めてまいります。