耐震補強

μVisダンパーシステム

粘弾性ダンパーと摩擦ダンパーを組み合わせた間柱型制震工法

79_ves%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%bc%ce%b1%e5%b7%a5%e6%b3%95_%e5%af%b8%e6%b3%951
79_ves%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%bc%ce%b1%e5%b7%a5%e6%b3%95_%e5%af%b8%e6%b3%952

本工法は、粘弾性ダンパーと摩擦ダンパーを組み合わせた制震ダンパーです。微小変形時は粘弾性ダンパーが振動エネルギーを吸収し、変形が大きくなると摩擦ダンパーに滑りが生じ、履歴型ダンパーとして機能します。建物への設置方法は、間柱型、ブレース型、シアリンク型と様々です。

 

  • 安定した性能を発揮
  • エネルギー吸収量の高い粘弾性体を使用
  • 風揺れにも制振効果を発揮

特徴

79_ves%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%bc%ce%b1%e5%b7%a5%e6%b3%95_%e7%89%b9%e5%be%b41

微小変形における挙動

風揺れや小地震のような小さな揺れに対しては、粘弾性ダンパーが振動エネルギーを吸収します。

79_ves%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%bc%ce%b1%e5%b7%a5%e6%b3%95_%e7%89%b9%e5%be%b42

地震時の挙動

地震時に建物の揺れが大きくなると摩擦ダンパー部に滑りが生じ、履歴型ダンパーとして機能することで振動エネルギーを吸収します。

79_ves%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%bc%ce%b1%e5%b7%a5%e6%b3%95_%e7%89%b9%e5%be%b43

荷重と変形の関係

摩擦ダンパー部に滑りが生じることで荷重を頭打ちにし、振動エネルギーの吸収効果を最大限に高めることが出来ます。また、荷重の頭打ちには依存性がないため、安定した性能を発揮します。