調査・診断・設計

非破壊検査

各種非破壊検査手法の紹介

“壊さずに”調べます

43_%e5%90%84%e7%a8%ae%e9%9d%9e%e7%a0%b4%e5%a3%8a%e6%a4%9c%e6%9f%bb%e6%89%8b%e6%b3%95%e3%81%ae%e7%b4%b9%e4%bb%8b_%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%971
43_%e5%90%84%e7%a8%ae%e9%9d%9e%e7%a0%b4%e5%a3%8a%e6%a4%9c%e6%9f%bb%e6%89%8b%e6%b3%95%e3%81%ae%e7%b4%b9%e4%bb%8b_%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%972
43_%e5%90%84%e7%a8%ae%e9%9d%9e%e7%a0%b4%e5%a3%8a%e6%a4%9c%e6%9f%bb%e6%89%8b%e6%b3%95%e3%81%ae%e7%b4%b9%e4%bb%8b_%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%973
43_%e5%90%84%e7%a8%ae%e9%9d%9e%e7%a0%b4%e5%a3%8a%e6%a4%9c%e6%9f%bb%e6%89%8b%e6%b3%95%e3%81%ae%e7%b4%b9%e4%bb%8b_%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%974
43_%e5%90%84%e7%a8%ae%e9%9d%9e%e7%a0%b4%e5%a3%8a%e6%a4%9c%e6%9f%bb%e6%89%8b%e6%b3%95%e3%81%ae%e7%b4%b9%e4%bb%8b_%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%975

非破壊検査手法により、構造物にほとんど損傷を与えることなく、現状を把握します。検査結果は、健全度や劣化現象の原因推定、補修・補強の要否を判断するための資料となります。
当社では、技術者が適切な非破壊検査をご提案いたします。

電磁波法 埋没した金属や塩ビ管、空洞等の位置や深さを推定します。
電磁誘導法 埋没した金属の位置や深さ、鉄筋径を推定します。
放射線法 コンクリート内部の埋設物を正確に調査します。
反発度法

部材表面の反発硬度や反発速度を測定します。

(リバウンドハンマー等)

貫入抵抗法 部材表面の固さを測定します。

透気(透水)試験

鉄筋コンクリートの劣化因子の物質移動抵抗力を推定します。
超音波法 ひび割れ深さやコンクリートの品質を推定します。
衝撃弾性波法 コンクリートの厚さ(部材寸法)を推定します。
赤外線法 表面温度を測定します。
自然電位法 鉄筋の腐食環境を評価します。
水分計 部材表面の含水率を推定します。(高周波容量法)