補修改修

  • HOME
  • 補修改修
  • アラミドロッド挿入目地置換補強工法(B-Star工法)

アラミドロッド挿入目地置換補強工法(B-Star工法)

歴史的煉瓦造建築物の意匠を変えずに補強を行うことができます

%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%89

本工法は、歴史的煉瓦造建築物を対象とした補強工法です。
通常の煉瓦壁は、変形性能が低い為ひび割れ発生とともに脆性的に破壊してしまいます。本工法では、煉瓦造の目地の中に引張強度の高いアラミドロッドを挿入し、置換目地材を充填する為、ひび割れ後も一定の耐力を保持し変形性能が向上します。
また、目地内での補強となりますので、煉瓦造の意匠を変えることなく補強を行うことが可能です。

 

  • 目地内での補強の為、煉瓦壁の意匠性に影響を与えません。
  • アラミドロッドは軽量な補強材の為、補強後の重量増加がありません。
  • 大規模な解体工事を伴いませんので、振動等による既存躯体への影響がありません。
  • ひび割れ発生後もアラミドロッドにより煉瓦壁の崩壊を防止します。

特徴

  • 111_%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%ac%e9%80%a0%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%89%e6%8c%bf%e5%85%a5%e7%9b%ae%e5%9c%b0%e7%bd%ae%e6%8f%9b%e8%a3%9c%e5%bc%b7%e5%b7%a5%e6%b3%95_

施工後も意匠に大きな変化がない

目地内での補強になりますので、施工後も大きな変化が現れません。そのため、意匠を変えることができない歴史的な煉瓦造建築物においても適用することが可能です。

  • 111_%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%ac%e9%80%a0%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%89%e6%8c%bf%e5%85%a5%e7%9b%ae%e5%9c%b0%e7%bd%ae%e6%8f%9b%e8%a3%9c%e5%bc%b7%e5%b7%a5%e6%b3%95_

性能確認試験を実施

性能確認試験を実施し、本工法における補強効果を確認しています。

設計要領

アラミドロッド

111_%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%ac%e9%80%a0%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%89%e6%8c%bf%e5%85%a5%e7%9b%ae%e5%9c%b0%e7%bd%ae%e6%8f%9b%e8%a3%9c%e5%bc%b7%e5%b7%a5%e6%b3%95_

横目地には直線型、縦目地にはコの字型のアラミドロッドを挿入します。使用するアラミドロッドは径が3mmで、付着性能を高める為、砂付きのものを使用しています。