耐震補強

制震工法

VESダンパー工法

78_ves%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%bc%e5%b7%a5%e6%b3%95_%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%88%e8%a9%b3%e7%b4%b0

本技術は、粘弾性ダンパーユニットと十分な剛性を有する取付鋼板を緊結し、間柱パネル型粘弾性ダンパーとして既存躯体の上下層間に接合される状態を基本構造としています。
粘弾性ダンパーユニットは、たがいに平行な2枚の外フランジ鋼板と1枚の内フランジ鋼板の間に2層の高減衰ゴムが挟み込まれたものです。その力学的性状は、外フランジ鋼板と内フランジ鋼板に相対的なずれが生じることにより高減衰ゴムにせん断変形が生じ、履歴を伴う抵抗力を発揮して振動エネルギーを吸収するものです。

特徴

設計自由度が高い

・CSTシリーズを組み合わせることで柔軟な対応が可能
・コンパクトな形状のため平面プランに影響を与えにくい
・通路や窓開口を塞がない設置が可能

様々な振動に対応

・中小地震から大地震、長周期地震動に制振効果を発揮
・強風や交通振動などの環境振動に対しても制振効果を発揮

高性能ゴム

・一般的な粘弾性ダンパーに比べ、温度や振動数による性能の変化が小さい高減衰ゴムを使用
・優れた耐久性と疲労特性によりメンテナンスフリーを実現

余震に強い

・繰り返し変形強く、安定性能の持続により度重なる大地震や頻出する余震に効果的

設計要領

CST30の履歴曲線

78_ves%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%bc%e5%b7%a5%e6%b3%95_cst30%e5%b1%a5%e6%ad%b4%e6%9b%b2%e7%b7%9a

配置イメージ

  • 78_ves%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%bc%e5%b7%a5%e6%b3%95_%e9%85%8d%e7%bd%ae%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8before
    Before
  • 78_ves%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%bc%e5%b7%a5%e6%b3%95_%e9%85%8d%e7%bd%ae%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8after
    After

施工事例

  • 78_VESダンパー工法_施工例1
  • 78_VESダンパー工法_施工例2