耐震補強

その他工法

煙突耐震補強

調査・診断から施工まで一貫して対応することができます

%e7%85%99%e7%aa%81

昭和51年に「鉄筋コンクリート煙突構造施系指針」が刊行され、巻頭には「日本における鉄筋コンクリート煙突の設計上、最も重要視されるものは、地震による挙動である」とあり、維持管理についても地震に対して安全な耐力と適度な靱性を保有することが重要であるといえます。弊社の経験豊富な技術者が劣化調査、耐震診断を行い、劣化補修及び耐震補強のご提案をさせていただきます。

  • 既存煙突の劣化調査を行い劣化診断報告を行います。
  • RC煙突構造躯体内部の劣化状況を調査いたします。
  • 360°カメラで煙突内部の調査や、表面温度の変調を赤外線カメラで調査することも可能です。
  • 劣化診断による最適な補修方法と工事計画のご提案をいたします。
  • 耐震診断による最適な補強方法と工事計画のご提案をいたします。

特徴

  • %e7%85%99%e7%aa%81%e2%91%a0

煙突の劣化状況を調査診断できます

クラック、浮き、欠損、エフロ等の劣化調査を行います。

  • %e7%85%99%e7%aa%81%e2%91%a1

煙突構造躯体内部の劣化状況を調査診断できます

コンクリートの圧縮中性化や躯体内部の鉄筋の腐食状況について調査を行います。

  • %e7%85%99%e7%aa%81%e2%91%a2

煙道内部面の劣化状況を調査診断できます

煙道内部面の状況について、360°カメラ撮影にて耐火ライニングの現状調査が可能です。貫通クラックなど表面温度の変調については赤外線カメラを用いて調査を行います。

  • %e7%85%99%e7%aa%81%e2%91%a3

劣化診断による最適な補修方法と工事計画のご提案をいたします

調査で確認された劣化箇所を、現状に最適な工法で補修を行います。

  • %e7%85%99%e7%aa%81%e2%91%a4

耐震診断による最適な補強方法と工事計画のご提案をいたします

コンクリート煙突外部面に鉄の約10倍以上の強度がある炭素繊維を貼り、煙突の強度・靭性を向上させて耐震補強を行います。鋼板巻きに比べ重量が大幅に軽く、煙突の使用中も施工が可能です。耐震診断を行い補強量を算出します。

煙突劣化補修・耐震補強の工事計画

足場仮設計画

工事用足場仮設計画を行います。高所での作業となるため、安全の確保と落下物養生等の安全設備について検討を行います。搬入搬出荷揚げ荷下げなどについても詳細検討を行います。

施工要領書

設計による施工仕様を基に、品質の確保を行うため、施工要領書を作成し、作業員に周知します。