News 新着情報

Maintenance & Resilience Asia 2019視察報告

■概要
 タイ・バンコク市内の会場「BITEC」にて開催されたMaintenance & Resilience Asia 2019の視察
 首都バンコク市内の建造物視察
 世界遺産アユタヤの遺跡群の視察

 

■視察メンバー
 コンステック         11名
 建設環境コンサルティング     2名
 グランテック           2名
 バウエンジニアリング       2名
 コンステックホールディングス   2名

 

■期間
 2019年10月1日~10月7日

 

【Maintenance & Resilience Asia 2019視察】

近年タイ政府が推進するタイランド4.0政策というものがあり、その中で産業インフラや社会インフラの高度化が、大きな課題となっています。
これらの課題について、日本をはじめとした先進国が集まり、タイをはじめとしたASEAN地域の発展を導きながら、新たなビジネス交流を図ることが目的の展示会です。

 

P4-5_5981

 

P4-5_5994

 

P4-5_6005

 

P4-5_5984

 

 

 

【バンコク市内視察】

郊外の橋梁はほとんどがコンクリート製でした。
タイにも鉄鋼メーカーがあるようですが、圧倒的にコンクリート構造物が多く、これらの維持管理は建築物と同様、重要な課題と考えられます。

 

P4-5_5880

 

P4-5_5906