調査・診断・設計

災害調査

応急危険度判定・被災度区分判定

被災建築物の恒久的使用のために

%e5%bf%9c%e6%80%a5%e5%8d%b1%e9%99%ba%e5%ba%a6%e5%88%a4%e5%ae%9a%e3%83%bb%e8%a2%ab%e7%81%bd%e5%ba%a6%e5%8c%ba%e5%88%86%e5%88%a4%e5%ae%9a
33_%e5%bf%9c%e6%80%a5%e5%8d%b1%e9%99%ba%e5%ba%a6%e5%88%a4%e5%ae%9a%e3%83%bb%e8%a2%ab%e7%81%bd%e5%ba%a6%e5%8c%ba%e5%88%86%e5%88%a4%e5%ae%9a_%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%972

地震発生直後には、余震等に対する人命の安全性を調査するため応急危険度判定士による「応急危険度判定」が行われます。
その後、混乱の落ち着いた時期において建築士による「被災度区分判定」によって被災度の調査および復旧要否の判定が行われます。
応急危険度判定はボランティアによって実施されますが、被災度区分判定はお客様自身が民間企業へ依頼する必要があります。
当社は、お客様が建築物を継続使用できるよう、被災度区分判定から詳細調査・補修設計・補修工事まで一貫してお手伝いさせていただきます。