耐震補強

制震工法

C-Wood座屈拘束ブレースシステム

コンステックHP-木造ダンパー_アートボード 1 のコピー 15
コンステックHP-木造ダンパー_アートボード 1 のコピー 5
コンステックHP-木造ダンパー_アートボード 1 のコピー 3

『C-Wood(シーウッド)座屈拘束ブレースシステム』は、⾼耐⼒・⾼靭性な低降伏点鋼を⽊質材料で挟み込んだ⽊鋼ハイブリッド制振ブレースを建物の柱梁架構内に設置する耐震・制振システムです。
本システムは、本ブレース接合部の剛性を高めることで木造に特有のスリップ特性を改善し、エネルギー吸収効果の高い紡錘型の履歴特性を実現しています。

住宅⽤の制振ブレースに⽐べて⾼耐⼒であるため、中⼤規模の都市型⽊造や公共⽊造に好適です。対象とする建物は、木造および木造との混構造です。設置タイプは「方づえ」タイプと、「K型筋かい耐力壁」タイプの2種類あります。

特徴

・芯材の座屈を拘束することで引張時も圧縮時も安定した性能を発揮
・一般的な木製ブレースと比べて高耐力・高靭性(K型:換算壁倍率17倍、層間変形角約1/15)
・大地震時には本ブレースが他の部材より先に塑性化してエネルギーを吸収し、躯体の損傷を最小限に抑える
・実験により優れた疲労性能を有していることを確認

  • コンステックHP-木造ダンパー-07

設置メリット1 耐力壁タイプ

  • コンステックHP-木造ダンパー-08

設置メリット2 方づえタイプ

設計要領

履歴曲線

   設置メリット1 耐力壁タイプ          設置メリット2 方づえタイプ

コンステックHP-木造ダンパー-11     コンステックHP-木造ダンパー-10

 

 

 

 

配置イメージ

   設置メリット1 耐力壁タイプ             設置メリット2 方づえタイプ

 

コンステックHP-木造ダンパー-04  コンステックHP-木造ダンパー-06

 

 

 

ダンパー詳細

コンステックHP-木造ダンパー-09